カンボジアについて

カンボジア王国

Kingdom of Cambodia


カンボジア王国はインドシナ半島にあり、ベトナム、タイ、ラオスに接している東南アジアの国。

首都はプノンペン。近隣の国とは陸続きであるが、国民の90%以上がクメール人(カンボジア人)である。

言語はクメール語(カンボジア語)、宗教は仏教(上座部仏教)である。

 


 

正式名称は、Preahreacheanachakr Kampuchea (クメール語:発音:プリアリアチアナチャクラ・カンプチア)

※正式にはクメール文字で表記する。

プリアは王の称号。リアチアは王、アナチャクラは国で、両方合わせたリアチアナチャクラは王国という意味。

隣国のタイの正式名称とよく似ている。

公式の英語表記は、Kingdom of Cambodia(キングダム・オブ・カンボゥディア)。略称はCambodia

日本語表記は、カンボジア王国、通称は、カンボジア。

 


 

 カンボジア王国 (Kingdom of Cambodia

 国の標語   :  Nation,Rellgion,King
         (英語 : 国民、信仰、国王)

 

 

 公用語

 クメール語

 首都

 プノンペン

 首都の座標

 北緯 13度00分
 東経105度00分

 国王

 ノロドム・シハモニ

 首相

 フン・セン

 面積

 世界第87位

   −総計

 181.035Km

   −水面積率

 2.5%

 人口

 世界第64位

   −総計(2004年)

 13,363,421人

   −人口密度

 74人/Km

 GDPPPP

 世界第99位

   −合計(2003年)

 227億6,000万ドル

   −1人当たり

 1,700ドル

 独立

 フランスから

   −日付

 1953年11月9日

 通貨

 リエル

 


HOME

 

Copyright (C) 2006 SCSA JAPAN. All Rights Reserved.