皆様から贈られた井戸
 村に井戸をつくる
皆さんから贈られた井戸は、シェムリアップという町から、およそ37キロほど離れたところにあるゴンセン村につけました。この村はおよそ120戸ほどの家がある米作りの農村です。今までこの村は、どこの国からも井戸の寄贈が無く、今回初めて皆さんのお陰で井戸がついたのです。

この村の人たちは、電気やむろん水道もなく、ヤシの葉で造った高床式の家に住んでいます。また、生活は貧しく自分の家の田から取れる米だけでは家族全員が一年間食べることができません。それで竹細工のかごを作ったり、ヤシの葉で家を造る物を作るという手内職や広い田を持っているところに働きに行ったりもします。

 村のヤシの葉で作られた家と村人たち
また、中にはタイの国に出稼ぎに行く人もいます。食べることがようやっとという生活なので、病人が出ても薬もなく、病院に行くこともできない人たちなのです。今回、そんな人たちに皆さんは井戸を贈ったのです。今まで白く濁った堀り込み井戸の水を使うしかなく、抵抗力のない子供たちが命を落としました。皆さんの贈った井戸によって25家族、150人の人たちがきれいな水の恩恵を受けることができたのです。
広告
 今まで使っていた井戸

 今まで使っていた井戸は、このように白く濁り、枯葉や昆虫、時には小動物などが浮いていることもあります。
 この水を沸騰させることもなく、そのまま飲み水として使っているのです。
 それで弱い子は、お腹をこわし、脱水症状を起こし死亡することも少なくありません。

 ここでは弱い子は死に、強い子だけ生き延びるという自然淘汰が未だに続いているのです。

 井戸の堀り方

井戸の堀り方は全て手堀りです。どのようにして掘るかというと、細い鉄管の先に矢じりのような物を付け、ねじ込むようにして穴をあけながら、鉄管の上からポンプで水を吹き込みます。すると掘られた粘土質の土は水の力で外に押し流され穴があいていくという仕組みです。このようにして30メートルも堀り込むので一本掘るのに1日掛かります。
 鉄管の先に付ける物  鉄管をねじ込むようにして掘っているところ
 井戸の完成

 3本の井戸が完成しました。この井戸によって25世帯、およそ150人の人たちがきれいな水の恩恵を受けることができるようになりました。
 村の人たちの喜びは痛いほど強く感じました。皆さんにその実感が伝えられないのが残念です。
 皆さんの善意は遠くカンボジアの人々に届きました。村人に代わり、皆さんが一つになって努力した善意に対し、心からお礼を申し上げます。

本当にありがとう。

2004,03,03 (ひな祭りの日)

カンボジアにて  新井 榮

 これは昨年、札幌の小学校の皆さんが街頭募金などをして集めたお金で3本の井戸を贈った時のお知らせとお礼の資料です。

HOME
Copyright (C) 2006 SCSA JAPAN. All Rights Reserved.